概要 障害があって一般のゲームコントローラの操作は難しい!と思っている方。 特殊なジョイスティックやスイッチ、視線入力装置でプレイする方法を体験してみませんか。
主催 一般社団法人日本支援技術協会 協力:NPO法人アイコラボレーション神戸
日程 2021年4月2日(金)~4月4日(日)
開始時間/終了時間 各日13:30~16:30(1時間ごとの3コマ)
場所 神戸国際会館/8F セミナーハウス
〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
 
参加費 無料
定員  1時間(1コマ)あたり2名 /入れ替え制
申込方法 こくちーずのページへ
https://www.kokuchpro.com/event/esp_jatc/
詳細

eSports(イー・スポーツ)

昨年あたりからよく耳にする「eSports」。簡単にいえばビデオ(テレビ)ゲームなのですが、競い合い高めていくという意味では立派なSportsなのです。今ではたくさんのプロ選手もいるほどです。障害のある選手も活躍しています。
さて、この「eSports」は一般的には市販のコントローラを利用してプレイするのですが、体の動きに制限がある人にとっては使いにくい場合があります。

障害があっても参加できるように

ここ数年で体の動きに困難さがある人のための、コントローラが発売されるようになりました。「Xbox Adaptive Controller」と「Flex Controller」です。これらのコントローラがあれば、大きなボタン型スイッチや呼気スイッチ、タッチスイッチ、また、特殊なジョイスティックなどが利用できるようになります。また、少しシステムアップすることで視線入力でプレイすることも可能です。障害のあるなしに関係なく1つのゲームで対戦できる可能性があります。この2つのコントローラはゲーム機器メーカーの公式ライセンス品であることがとてもイイところです。

体験会

このたびの体験会では、この2つのコントローラを使って、ゲームをプレイすることができます。

当日は、
〇押しボタン型スイッチ 〇呼気スイッチ 〇引き紐型スイッチ 〇大型ジョイスティック 〇小型ジョイスティック 〇視線入力装置
をお試しいただけます。

【重要】必ずお読みください

以下の3点についてご承諾いただける場合のみお申し込みください。

1.体の動きに困難さがあり、一般のゲームコントローラが使えない人のための体験会です。この趣旨に反する目的でのご来場はお断りします。

2.新型コロナウィルス感染拡大防止のため以下のように制限いたします。

  • 会場となるお部屋に入室できる体験者は2名まで
  • 一人の体験者につき付き添いの方は3名まで
  • 体験時間はお一人最長40分まで(時間厳守)の入れ替え制
  • 身体状況によっては、スイッチ適合に時間がかかり十分な体験ができない場合もあります。
  • 20分間の機材や部屋の消毒・換気の時間を設けます。
  • 会場以外での感染予防については来場者側で対策してください。
  • その他、こくちーずページにある「新型コロナ感染予防対策ガイドライン」の遵守

3.体験会の様子を撮影いたします。

  • 障害があってもeSportsに参加できる可能性があることを社会に認知させる目的でYoutubeに公開します。
  • お顔が映ることを避けたい場合は、当日お申し出ください。配慮いたします。

Xbox Adaptive Controllerは、MicrosoftのXboxで利用できるコントローラです。


Flex Controllerは、NINTENDOのSwitchで利用できるコントローラです。

備考