概要 コロナ禍によるリモートワークの普及などの働き方の変化は、障碍のある人の就労にも大きな影響を与えています。就労する側も雇用する側も IT の知識・対応がより求められるようになったことは、障碍のある人にはより顕著であり、そこにはアクセシビリティ(誰もが情報・システムにアクセスできる技術・環境)が求められます。インクルーシブな職場づくりのために必要な知識と実践を、毎年5月第三木曜日に定められている Global Accessibility Awareness Day にあわせて、ご紹介します。(主催者Webサイトコメント転載)
主催 日本マイクロソフト株式会社 協力:一般社団法人日本支援技術協会
日程 2021年5月20日(木)
開始時間/終了時間 14:00-16:30
場所 オンライン開催
Microsoft Teams
(Webブラウザでも参加可能ですが、無料のTeamsアプリをDLすることをお勧めします)
参加費 無料
定員
申込方法 主催者申込ページからお手続きください。
プログラム
時間 内容 講師
【特別講演】アクセシビリティ対応が高める企業の競争力 山田 肇
(東洋大学 名誉教授)
Microsoft Teams の概要と障碍のある方に向けた機能 春日井 良隆
(日本マイクロソフト株式会社 マーケティング & オペレーションズ部門)
Microsoft Teams のスクリーンリーダーでの利用 辻 勝利
(株式会社コンセント アクセシビリティエンジニア)
Windows、Office アプリの障碍のある方に向けた機能 広瀬 友美
(日本マイクロソフト株式会社 マーケティング & オペレーションズ部門)
岡部 政志
(日本マイクロソフト株式会社 人事本部)
障碍のある人の就労に役立つ先端技術 田代 洋章
(日本支援技術協会 事務局長)
障碍のある人の雇用を促進する制度  小林 孔
(厚生労働省 職業安定局 障害者雇用対策課 課長補佐)
備考