タグアーカイブ アクセシビリティ機能

著者:事務局

[2017/10/31]第19回医療福祉技術シンポジウム

概要

(主催者告知書類より転載)

第19回医療福祉技術シンポジウムは、長野県工業技術総合センターのご協力により、長野県松本市にて、10月31日にシンポジウムを開催いたします。

特別講演は、誰もが使いやすいユーザインタフェースの最先端と未来として、Apple社のiOSが標準機能として搭載するアクセシビリティ機能について、日本支援技術協会の田代様より、ご講演いただきます。

一般演題では、地域の取り組みとして長野県の活発な活動を紹介いただくとともに、口頭発表とポスター発表で、全国の活発な取り組みについてご報告いただきますので、皆様との活発な議論を楽しみにしています。全国の皆様のご参加をお待ちしております。なお、分科会会員以外の方の参加も可能ですので、この機会に、ぜひともご参加ください。

主催 産業技術連携推進会議 医療福祉技術分科会, 長野県工業技術総合センター, (国研)産業技術総合研究所
共催 松本市, 信州大学
日程 平成29年10月 31日
開始時間/終了時間
  • 12:30~17:10
場所 長野県松本市中央公民館(Mウィング文化センター)6階ホール
 
参加費 無料
定員  
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://sangiren-ifuku.org/index.cgi?p=symp19
プログラム
時間 内容 講師

13:00-13:10

開会のあいさつ  

13:10-14:10

<特別講演>
これからのアクセシビリティ標準はこれだ! -誰もが使いやすいユーザインタフェースの最先端と未来

田代 洋章
14:10-15:20

<一般講演>

  1. 「健康長寿延伸都市を目指す松本市 ~一般財団法人 松本ヘルスラボの取組み~」
  2. 信州大学に整備された医療機器の効率的な研究・開発・実証環境について
  3. 長野県工業技術センターにおける取組み事例について
  1. 一般財団法人 松本ヘルスラボ 専務理事  降旗克弥
  2. 信州大学 学術研究・産学官連携推進機構 学長補佐 学術研究支援本部長 教授  杉原伸宏
  3. 長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門 人間生活科学部 主任研究員 北野哲彦
 15:30-16:00  

<ポスターセッション>

  1. 嚥下活動計測用筋電図センサシートの開発(株)
  2. 子どもに適した家庭用家具の設計指針に関する研究 ―天板の傾斜角と差尺の組合せの調査
  3. 座位姿勢における臀部形状の測定と製品開発への応用
  4. 新たな車椅子強度基準の提案
  5. 公設試験研究機関人間生活工学機器データベースDHuLE(デューレ)
  6. 倫理審査申請準備のためのガイドラインについて
 

  1. スキノスNAGANO 百瀬英哉
  2. 岐阜県生活技術研究所 山口穂高
  3. 岐阜県生活技術研究所 藤巻吾朗
  4. 埼玉県産業技術総合センター 香西良彦
  5. 東京都立産業技術研究センター 大島浩幸
  6. 国立研究開発法人産業技術総合研究所 梶谷勇
 16:00-17:00  

  1. 視覚障害者の歩行技能の評価に関する基礎的研究
  2. AAATE(イギリス・シェフィールド)参加報告
  3. 山口県における医療・福祉関連産業創出のための4年間の取り組み事例
 

  1. 山口県産業技術センター 松本佳昭
  1. 諏訪東京理科大学 井上拓晃
  2. 埼玉県産業技術総合センター 半田隆志
 17:00-17:10  閉会のあいさつ  
     
備考 プログラムは予告なく変更になることがございます。  
著者:事務局

[2017/08/05] 肢体不自由児のためのタブレットPCの活用研修会

概要

近年、特別支援学校を中心にiPad等のタブレットPCを活用した授業実践が広がってきています。
本研修ではどのように肢体不自由教育にタブレットPCを活用するかを実践的に学べるようになっています。
(主催者の案内文書より引用)

主催 社会福祉法人日本肢体不自由児協会
日程 平成29年8月05日(土)~8月06日(日)
開始時間/終了時間 11日 09:30-17:00
12日 09:00-16:30
場所 心身障害児総合医療療育センター 療育研修所(東京都板橋区小茂根1-1-10)
 
参加費 15,500円
定員  
申込方法

以下のURLをクリックしページ内にある「肢体不自由児のためのタブレットPCの活用研修会」の【開催概要】と【申込書】をご覧ください。

http://www.nishikyo.or.jp/workshop/index.html

プログラム
時間 内容 講師
  —–第一日目—–  
09:00 受付  
09:30-10:30 【講義】タブレットPCの基本機能 田代洋章、岡部優子
10:30-12:30 【実習】アクセシビリティ機能と入力装置 田代洋章、岡部優子
13:30~17:00 【実習】様々なソフトと教材作成1 金森克浩
  —–第二日目—–  
9:00~12:00 【講義】タブレットを利用した実践実例 外山世志之、谷本式慶、禿嘉人
13:00~16:30 【実習】様々なソフトと教材作成2 高松崇
備考    
著者:事務局

[2016/08/11] 肢体不自由児のためのタブレットPCの活用研修会

概要

近年、特別支援学校を中心にiPad等のタブレットPCを活用した授業実践が広がってきています。
本研修ではどのように肢体不自由教育にタブレットPCを活用するかを実践的に学べるようになっています。
(主催者の案内文書より引用)

主催 社会福祉法人日本肢体不自由児協会
日程 平成28年8月11日(木)~8月12日(金)
開始時間/終了時間  11日 09:30-17:00
 12日 09:00-16:30
場所 心身障害児総合医療療育センター 3階会議室(東京都板橋区小茂根1-1-10)
   
参加費   15,500円
定員   
申込方法

以下のURLをクリックしてください。主催者にリンクしていますので、よく読んでお申し込みください。

http://www.nishikyo.or.jp/workshop/index.html

プログラム  
時間 内容 講師
   —–第一日目—–  
09:00 受付  
09:30-10:30 【講義】タブレットPCの基本機能 田代洋章、岡部優子
10:30-12:30 【実習】アクセシビリティ機能と入力装置 田代洋章、岡部優子
13:30~17:00 【実習】様々なソフトと教材作成1 金森克浩
  —–第二日目—–  
9:00~12:00 【講義】タブレットを利用した実践実例 外山世志之、谷本式慶、禿嘉人
13:00~16:30 【実習】様々なソフトと教材作成2 金森克浩
備考    
著者:事務局

[2016/06/09] 大阪府作業療法士協会 北河内ブロック研修会

大阪府作業療法士協会 北河内ブロックの研修会において、「身近にあるテクノロジーを支援に活かす方法」を担当いたします。(※ 一般の方は参加できません。)

概要

~主催者案内より抜粋~

本年も経験年数3年未満(他分野からの移籍3年未満も含む)のOTを対象に 基礎的な研修会を企画しました。
今回の内容は、高齢者の転倒事故などで受傷される脊髄損傷者の治療的基礎、作業療法の1つ治療の手段としてけん玉を取り入れた活用方法と案外知られていないスマートフォン・タブレットなどの障害者に使える便利な機能やアプリ(当日スマートフォン・タブレットを持参していただくと理解しやすいと思います)を紹介します。新人研修会としていますが、新人以外でも作業療法に役立つ内容となっていますのでどうぞご参加ください。

詳しくは主催者のご案内をご覧ください。

主催   大阪府作業療法士協会 北河内ブロック
日程   2016年6月9日
開始時間/終了時間   19:00~21:00(18:30受付開始)
場所   畷生会脳神経外科病院 1階リハビリテーション室
   
参加費   
定員   50名
申込方法

主催者のご案内をご覧ください 

http://osaka-ot.jp/wp-content/uploads/2016/05/160609_7a06.pdf

プログラム  
時間 内容 講師
   (高齢)脊髄損傷者に対する作業療法の基礎 星ヶ丘医療センター
横山雄OT
  身近にあるテクノロジーを支援に活かす方法 田代洋章
  けん玉の治療的活用方法について わかくさ竜間リハビリテーション病院
村橋大輔OT
備考