著者アーカイブ 事務局

著者:事務局

[2018/07/28] 夏合宿2018 ~ICT虎の穴 4th~

暑い夏。潮騒を聞きながらひたすら学ぶ!!

概要

特別支援教育でタブレット端末を活かしきるためのさまざまな講義と実習をiOSコースとWindowsコースに分けて実施いたします。(タブレット初心者の方のための入門コースもあります。)

主催 一般社団法人 日本支援技術協会
共催 マジカルトイボックス
日程 2018年7月28日(土)~7月29日(日)
   
開始時間/終了時間
  • 12:00-21:00
  • 09:00-16:00
講師 新谷洋介/氏間和仁/小川修史/金森克浩/高松崇(50音順)
場所 休暇村 伊良湖(〒441-3615田原市中山町大松上1)
  

付近の地図

参加費 38,000円
研修会費(2日間)、宿泊費(1泊)、
食費(昼食2回、夕食1回、朝食1回)
を含みます。ただし、宿泊部屋は男女別で4人で1部屋のご利用となります。
※ 出発地から現地までの往復交通費は含みません。
定員 40名 (最少開催人数:30名) 
参加対象者

以下の条件を満たす方

  • 特別支援教育に関わる教員、特別支援教育におけるICT利活用に関心のある教育職、医療職、福祉職
  • 入門コース以外の方は、最新のOSバージョンを適用したiPadもしくはWindowsタブレットを持参できる方に限ります。入門コースの方には貸出機を準備する予定です。
申込期間と申込方法

2018年3月14日~2018年5月25日

お申込みページはココをクリック(外部サイト:「こくちーず」に移動します。)

プログラム 予定
1日目
時間 入門コース iOSコース Windowsコース

12:15

18:00

【ランチョンセミナー】特別支援教育におけるICT活用<金森>
【実習】iOS/Windowsの基本操作<小川> 【実習】iOSのアクセシビリティ機能<高松> 【実習】Windowsのアクセシビリティ機能<新谷>
【講義】標準アプリの使い方<小川> 【講義】特別支援教育で使えるアプリ1<高松> 【講義】特別支援教育で使えるアプリ1<新谷>
【講義】特別支援教育で使えるアプリ<小川> 【講義】特別支援教育で使えるアプリ2<高松> 【講義】視線入力機器入門<金森>
【実習】各種展示機器の体験
【演習】ICTを活用した教材作成演習<講師全員>

19:00

夕食/懇親会
虎の穴「奥の院」<任意参加>
2日目
時間 iOSコース Windowsコース
09:00

15:40
【実習】視覚支援のためのiPad活用<氏間> 【実習】操作支援のためのWindows活用<新谷>
【実習】操作支援のためのiPad活用<氏間> 【実習】視覚支援のためのWindows活用<新谷>

【グループワーク】テーマ別課題解決演習1
テーマ1「国語の時間にどのように学習するか?」<講師全員>

【グループワーク】テーマ別課題解決演習2
テーマ2「コミュニケーションに課題がある場合にどうするか?」<講師全員>

15:40

16:00

 クロージング

必ずお読みください
  • プログラム、講師、参加費、参加条件等は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

【開催中止と返金】

  • お申込み人数が、30名に満たない場合、開催を中止することがあります。この場合、お振込みいただいた参加費については全額返金いたします。
  • 気象、災害、その他の情勢によって参加者に危険が及ぶと判断した場合、開催を中止することがあります。
  • 開催の中止によって返金するのは、参加費のみであり、現地までの旅費交通費等は負担いたしません。

【キャンセルと返金】

  • 2018年5月25日までにご連絡をいただいたお申込者のご都合によるキャンセルの場合、振込手数料を差し引いた参加費を返金いたします。
  • 2018年5月26日以降に連絡をいただいたお申込者のご都合によるキャンセルの場合、原則として返金いたしません。

【参考情報】現地までの行程例(必ず各自でご確認ください)

*****************************************
鉄道&バスの行程例
*****************************************

<往路:早い到着>
1.新幹線
 〇 東京07:03>08:03静岡08:24>09:08豊橋・・・9140円(指定込)
 〇 新大阪07:30>08:20名古屋08:26>08:45豊橋・・・9020円(指定込)

2.豊鉄バス
 〇 豊橋09:35>11:11休暇村・・・1490円

<往路:ギリギリ到着>
1.新幹線
 〇 東京08:33>09:56豊橋・・・9140円(指定込)
 〇 新大阪08:30>09:20名古屋09:29>09:57豊橋・・・9020円(指定込)

2.豊鉄バス
 〇 豊橋10:35>12:11休暇村・・・1490円

—————————————————
<復路>
1.豊鉄バス
 〇 伊良湖岬17:03>17:52田原駅前

2.豊鉄 渥美線
 〇 三河田原18:02>18:37新豊橋(JR/名鉄 豊橋駅隣接)

*****************************************
船&送迎バスの行程例
*****************************************

<往路>

名古屋方面から
1.名鉄 常滑線
 〇 名鉄名古屋08:56>09:48河和
 〇 河和09:54>10:00河和港

2.名鉄海上観光(高速船)
 〇 河和10:05>伊良湖10:55

3.送迎バス(休暇村連絡要)
※ 所要約5分

—————————————————
<復路>

※ 復路は研修会終了後に乗船できる便はない

—————————————————

<往路>

鳥羽方面から
1.伊勢湾フェリー
 〇 鳥羽10:40>11:35伊良湖・・・1550円

2.送迎バス(休暇村連絡要)
※ 所要約5分

—————————————————
<復路>

伊良湖17:40>18:35鳥羽


著者:事務局

バリアフリー2018でセミナーと支援技術製品展示します

バリアフリー2018毎年春に大阪で開催される西日本最大級の総合福祉機器展「バリアフリー2018」に協力し、展示ブース運営とセミナーを実施します。今年は4/19-4/21です。

展示では「ICT広場」で、パソコンやタブレット、スマホを利用するための様々な工夫を関連企業(テクノツール株式会社/日本マイクロソフト株式会社/橋本義肢製作株式会社/株式会社ユープラス)に展示していただきます。また今年は、「生活支援グッズのお店”ぽっしぇ”(NPO法人ぴーす)」にもご協力いただき、障害のある人の生活に役立つお手軽なグッズを展示販売もいたします。
セミナーも開催いたします。日本マイクロソフトの大島友子氏を講師に招いて「障碍のある人のテクノロジー活用」についてお話ししていただきます。

詳しくは以下のページをご覧ください。

ご興味のある方、ぜひご来場ください。

著者:事務局

[2018/04/19] バリアフリー2018 展示 -ICT広場-

概要

毎年春に大阪で開催される西日本最大級の総合福祉機器展「バリアフリー2018」で展示ブース運営とセミナーを実施します。

展示ブース「ICT広場」では情報支援技術やその周辺製品を集めて展示いたします。
(ブース番号:4-202)

展示協賛企業(50音順)

セミナー実施予定 >>> 1号館第4会場

主催 社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会 ・ テレビ大阪
日程 2018年4月19日(木)~21日(土)
開始時間/終了時間 10:00~17:00(3日間とも)
場所 インテックス大阪 2号館(2-500)
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)
 
参加費 無料
定員
備考  

 

著者:事務局

[2018/01/27] 福祉情報技術コーディネーターテキストに学ぶATの実践スキルセミナー in 福井

IT技術で障害者や高齢者をサポートする介護福祉系技術者・支援者向けのスキルアップ研修です。

概要

 (主催者告知書類より転載)福祉情報技術コーディネーターテキストを利用し、障害特性や福祉用具の知識などを体系的に学ぶことで ATの実践的スキルが上がり、福祉用具プランナーや、福祉用具専門相談員、福祉用具選定士の資格取得にも生かされます。

※この度の開催は 「みんなでつくる共生社会シンポジウム」のプログラムの一部として開催いたします。

主催 熊本高等専門学校、福井工業高等専門学校、徳山工業高等専門学校
共催 福井大学
日程 平成30年1月 27日(土)
開始時間/終了時間 09:30~12:30
場所 ハピリン福井 (3Fハピリンホール)
 
参加費 無料
定員 20名
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://www.kumamoto-nct.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/annai-20180124c001.pdf
プログラム  
時間 内容 講師
 09:00-12:30

障害教養総論
肢体不自由
視覚障害
聴覚障害
言語障害・重複障害
知的・発達障害
サポート他
質疑

 田代 洋章
備考  プログラムは予告なく変更になることがございます。  

 

著者:事務局

今年は愛知!夏合宿2018

休暇村 志賀島(福岡)で開催し大変に好評をいただいた夏合宿2017-タブレット虎の穴-、2018年は愛知で計画しています。

この夏合宿は、特別支援教育でのタブレット端末の利活用についてじっくり学べる宿泊型研修会です。毎年、あえて交通不便な場所で開催しておりますが、少し俗世を離れて有意義な時間を過ごしてみませんか?
虎の穴的に集中してやります。きっといろんな事や物でおなか一杯になりますよ。

夏合宿2018 タブレット虎の穴(予定)

  • 場所:休暇村 伊良湖(愛知)
  • 日時:2018年7月28日(土)12時 ~ 7月29日(日)16時
  • 講師:新谷洋介/氏間和仁/小川修史/金森克浩/高松崇(50音順)

詳細は、またお知らせいたしますが、日程を確保してくださいね~。

著者:事務局

[2017/12/09] 福祉情報技術コーディネーターテキストに学ぶATの実践スキルセミナー in 仙台

IT技術で障害者や高齢者をサポートする介護福祉系技術者・支援者向けのスキルアップ研修です。

概要  (主催者告知書類より転載)福祉情報技術コーディネーターテキストを利用し、障害特性や福祉用具の知識などを体系的に学ぶことで ATの実践的スキルが上がり、福祉用具プランナーや、福祉用具専門相談員、福祉用具選定士の資格取得にも生かされます。
主催 熊本高等専門学校
共催 仙台高等専門学校
日程 平成29年12月 9日(土)
開始時間/終了時間 10:00~15:30
場所 仙台高等専門学校 広瀬キャンパス 第一会議室(1号棟2階205号室)
 
参加費 無料
定員 30名
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://www.kumamoto-nct.ac.jp/announce/2017/10/20171025a/
プログラム  
時間 内容 講師
 10:00-12:00 障害教養総論
肢体不自由
視覚障害
聴覚障害
 田代 洋章
 13:00-15:30 言語障害・重複障害
知的・発達障害
サポート他
質疑
 田代 洋章
備考  プログラムは予告なく変更になることがございます。  

 

著者:事務局

[2017/11/11] 福祉情報技術コーディネーターテキストに学ぶATの実践スキルセミナー in 長野

IT技術で障害者や高齢者をサポートする介護福祉系技術者・支援者向けのスキルアップ研修です。

概要 (主催者告知書類より転載)福祉情報技術コーディネーターテキストを利用し、障害特性や福祉用具の知識などを体系的に学ぶことで ATの実践的スキルが上がり、福祉用具プランナーや、福祉用具専門相談員、福祉用具選定士の資格取得にも生かされます。
主催 熊本高等専門学校
共催 長野工業高等専門学校
日程 平成29年11月 11日(土)
開始時間/終了時間
  • 10:00~15:30
場所 管理・一般校舎棟2階 第一会議室
 
参加費 無料
定員 30名
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://www.kumamoto-nct.ac.jp/announce/announce_old/2017/09/20170921b/
プログラム
時間 内容 講師

10:00-12:00

障害教養総論
肢体不自由
視覚障害
聴覚障害

田代 洋章

13:00-14:30

言語障害・重複障害
知的・発達障害
サポート他
質疑

田代 洋章

14:30-15:30

<特別講演>
「もし高専が“インクルーシブデザイン”を取り入れ 社会に広めたら」

徳山工業高等専門学校 機械電気工学科 三浦 靖一郎
備考 プログラムは予告なく変更になることがございます。  
著者:事務局

[2017/10/31]第19回医療福祉技術シンポジウム

概要

(主催者告知書類より転載)

第19回医療福祉技術シンポジウムは、長野県工業技術総合センターのご協力により、長野県松本市にて、10月31日にシンポジウムを開催いたします。

特別講演は、誰もが使いやすいユーザインタフェースの最先端と未来として、Apple社のiOSが標準機能として搭載するアクセシビリティ機能について、日本支援技術協会の田代様より、ご講演いただきます。

一般演題では、地域の取り組みとして長野県の活発な活動を紹介いただくとともに、口頭発表とポスター発表で、全国の活発な取り組みについてご報告いただきますので、皆様との活発な議論を楽しみにしています。全国の皆様のご参加をお待ちしております。なお、分科会会員以外の方の参加も可能ですので、この機会に、ぜひともご参加ください。

主催 産業技術連携推進会議 医療福祉技術分科会, 長野県工業技術総合センター, (国研)産業技術総合研究所
共催 松本市, 信州大学
日程 平成29年10月 31日
開始時間/終了時間
  • 12:30~17:10
場所 長野県松本市中央公民館(Mウィング文化センター)6階ホール
 
参加費 無料
定員  
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://sangiren-ifuku.org/index.cgi?p=symp19
プログラム
時間 内容 講師

13:00-13:10

開会のあいさつ  

13:10-14:10

<特別講演>
これからのアクセシビリティ標準はこれだ! -誰もが使いやすいユーザインタフェースの最先端と未来

田代 洋章
14:10-15:20

<一般講演>

  1. 「健康長寿延伸都市を目指す松本市 ~一般財団法人 松本ヘルスラボの取組み~」
  2. 信州大学に整備された医療機器の効率的な研究・開発・実証環境について
  3. 長野県工業技術センターにおける取組み事例について
  1. 一般財団法人 松本ヘルスラボ 専務理事  降旗克弥
  2. 信州大学 学術研究・産学官連携推進機構 学長補佐 学術研究支援本部長 教授  杉原伸宏
  3. 長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門 人間生活科学部 主任研究員 北野哲彦
 15:30-16:00  

<ポスターセッション>

  1. 嚥下活動計測用筋電図センサシートの開発(株)
  2. 子どもに適した家庭用家具の設計指針に関する研究 ―天板の傾斜角と差尺の組合せの調査
  3. 座位姿勢における臀部形状の測定と製品開発への応用
  4. 新たな車椅子強度基準の提案
  5. 公設試験研究機関人間生活工学機器データベースDHuLE(デューレ)
  6. 倫理審査申請準備のためのガイドラインについて
 

  1. スキノスNAGANO 百瀬英哉
  2. 岐阜県生活技術研究所 山口穂高
  3. 岐阜県生活技術研究所 藤巻吾朗
  4. 埼玉県産業技術総合センター 香西良彦
  5. 東京都立産業技術研究センター 大島浩幸
  6. 国立研究開発法人産業技術総合研究所 梶谷勇
 16:00-17:00  

  1. 視覚障害者の歩行技能の評価に関する基礎的研究
  2. AAATE(イギリス・シェフィールド)参加報告
  3. 山口県における医療・福祉関連産業創出のための4年間の取り組み事例
 

  1. 山口県産業技術センター 松本佳昭
  1. 諏訪東京理科大学 井上拓晃
  2. 埼玉県産業技術総合センター 半田隆志
 17:00-17:10  閉会のあいさつ  
     
備考 プログラムは予告なく変更になることがございます。  
著者:事務局

[2017/08/25] 福祉情報技術コーディネーターテキストに学ぶATの実践スキルセミナー in 明石

IT技術で障害者や高齢者をサポートする介護福祉系技術者・支援者向けのスキルアップ研修です。

概要 (主催者告知書類より転載)福祉情報技術コーディネーターテキストを利用し、障害特性や福祉用具の知識などを体系的に学ぶことで ATの実践的スキルが上がり、福祉用具プランナーや、福祉用具専門相談員、福祉用具選定士の資格取得にも生かされます。
主催 熊本高等専門学校
共催 明石工業高等専門学校
日程 平成29年8月 25日(土)
開始時間/終了時間
  • 10:00~15:30
場所 明石工業高等専門学校 階段教室
 
参加費 無料
定員 30名
申込方法 こちらの主催者のページをご覧ください。
http://www.kumamoto-nct.ac.jp/announce/2017/08/20170807c/
プログラム
時間 内容 講師

11:00-11:30

<同時講演>
発達障害児者のための個人特性に応じたICT教育支援システムの開発研究

福井工業高等専門学校 電子情報工学科 小越 咲子

11:30-12:00

<同時講演>
特例子会社から学ぶインクルーシブデザイン・マインド

福井工業高等専門学校 電子情報工学科 小越 咲子

10:00-15:30

障害教養総論
肢体不自由
視覚障害
聴覚障害
言語障害・重複障害
知的・発達障害
サポート他
質疑

田代洋章
備考 プログラムは予告なく変更になることがございます。  

 

著者:事務局

[2017/08/05] 肢体不自由児のためのタブレットPCの活用研修会

概要

近年、特別支援学校を中心にiPad等のタブレットPCを活用した授業実践が広がってきています。
本研修ではどのように肢体不自由教育にタブレットPCを活用するかを実践的に学べるようになっています。
(主催者の案内文書より引用)

主催 社会福祉法人日本肢体不自由児協会
日程 平成29年8月05日(土)~8月06日(日)
開始時間/終了時間 11日 09:30-17:00
12日 09:00-16:30
場所 心身障害児総合医療療育センター 療育研修所(東京都板橋区小茂根1-1-10)
 
参加費 15,500円
定員  
申込方法

以下のURLをクリックしページ内にある「肢体不自由児のためのタブレットPCの活用研修会」の【開催概要】と【申込書】をご覧ください。

http://www.nishikyo.or.jp/workshop/index.html

プログラム
時間 内容 講師
  —–第一日目—–  
09:00 受付  
09:30-10:30 【講義】タブレットPCの基本機能 田代洋章、岡部優子
10:30-12:30 【実習】アクセシビリティ機能と入力装置 田代洋章、岡部優子
13:30~17:00 【実習】様々なソフトと教材作成1 金森克浩
  —–第二日目—–  
9:00~12:00 【講義】タブレットを利用した実践実例 外山世志之、谷本式慶、禿嘉人
13:00~16:30 【実習】様々なソフトと教材作成2 高松崇
備考